Carenacosmetic Corp.

staff blog

肌はあたなのバロメーター。疲れている時はゆっくりお休みしましょう。

0

    昼間と夜の寒暖差が激しい季節になりました。体調もそうですが肌も直接に

    影響を強く受ける季節です。特に敏感肌や乾燥肌の方はこの時期に痒み

    感じたり、肌のツッパリが不快に感じたり辛くなりますね。

    肌にトラブルがあると顔だけではなく身体も同様な症状がでてしまい

    この季節自体が辛く、嫌な気分が続いてしまって秋・冬が嫌いという方も

    いらっしゃるかもしれません。

    特に食べ物などでもアレルギーがある方には肌に症状がすぐ出てしまうのですが

    根本的な改善が出来れば良いのですが難しい場合もあります。

    西洋医学でいう薬は症状を押さえつけることで、一見治まったようになりますが

    その薬を止めるとすぐにまた発症してしまう方も多いでしょう。

    出来るだけ自分の肌機能を改善させる事が必要ですがその場合に強い

    成分は必要ありません。疲れている時や病気の時に消化の良い食べ物を

    食べてゆっくりとした栄養を取り入れるのと同様に、肌も優しい成分で改善

    することで、肌が自ら回復する機能を高める事が大切です。

    但し、こうした肌の弱い方を対象とした化粧品は肌機能が活発な方や

    日焼けなどの影響にも強い肌の方には物足りないかもしれません。

    しかし、肌は年齢と共にその機能も衰えてきますので突然肌の機能に

    変化が起きる場合も多く、甘やかす事ではなく肌を労りながら育てるケアがポイント。

    スキンケアはもの足りない位の感じが副作用も無く肌には優しい証拠となりますので

    5年先の肌を考えたケアをしてみてください。

     

    LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加


    芸術の秋♪昭和ノスタルジー行ってきました!パート2

    0

      JUGEMテーマ:イベント情報


      前回の芸術の秋♪昭和ノスタルジー行ってきました!パート1の続きです( ´艸`)

       

      次は玩具コーナー!


      こちらは懐かしさが沢山ありました((pq´v`*)゚
      展示されてるのは昔のですが、よく買ってた月刊誌などの付録に太陽光で〇〇、
      なんてものが良くあったんですよねぇ〜♪上手く出来たり出来なかったりと
      悪戦苦闘したのを思い出しました。

      その他にも昆虫採集セットや切符遊びセットなど、当時は兄妹で1つとかしか
      買って貰えなかったのですが、その希少価値(?!)のおかげか大切に使ってた
      記憶があります( ´艸`)
      注射器とか切符ばさみとか特別な人が持つものってテンション上がったんですよねww

      実際に遊べるコーナーもありまして、そちらはお手玉や福笑い、けん玉などもあって
      今あるプラスチック製やナイロンとは違った温もりも感じられました。


      最後は昭和39年東京オリンピック昭和55年の栃の葉国体のコラムでした。
      高度経済成長期の日本、交通機関や道路などのインフラ設備、暮らしや習慣の変化を
      著しく進める要因になったとの事です。
      国体は開催地になった件は一大事業!たくさんの県民が関わり盛大に行われた様です。


      使用されたトーチや記念の風呂敷、湯飲み茶碗などが展示されてましたが、
      東京オリンピックの記念風呂敷!55年も前のデザインと思えない!!
      オシャレじゃないですか?!w(*゚o゚*)w
      思わず、こちらも見入ってしまいました♪


      いよいよ、来年に押し迫ってきました東京オリンピックも感じながら、
      昭和を思い出すのもいかがでしょうか。
      もう少しで終わってしまいますが、お時間がありまりたら是非♪


      こちらの企画展に行くきっかけとなった身内の職業体験。
      商業施設のキッザニアとかもそうですが、実際に将来を考える時に
      その前に色々知れたり、体験できる機会を作ってもらえるのって素敵だなぁ〜
      とつくづく思いました。
      自分の時代も体験したかったなぁ・・・(*ノω<*)

       

       

       

       

      お友だちになってね♪→ 友だち追加

       


      いよいよインフルエンザシーズンスタート!ウィルスって?菌?

      0

        厚生労働省が11月15日にインフルエンザの今期シーズン到来を発表しました。

        これから春先までは重点予防期間となります。

        予防接種やうがい手洗いを基本として体調管理も含めて気をつけないといけません。

        そもそもインフルエンザとは。。。

        インフルエンザウィルスによる病原感染なのですがそれらが鼻や口などの気道

        から粘膜に付着と体内に侵入する事で発症する病気です。

        という事でそれらの進入口にポイントを絞った対策が必要になります。

        スキンケアも主に顔を中心としたケアとなりますが、その表皮には通常

        常在菌として約20種類以上、数百億単位で菌が常駐しています。もちろん顔

        だけではないのですが特に顔に関してはそのバランスが崩れる事でトラブルも

        目立ち易く、例えばアクネ菌のバランスが崩れるとニキビや吹き出物になったりします。

        そこでウィルスと菌は違うの?という疑問が出た方はブラボー!!

        もちろん違うんです。一般的な解釈となりますが菌は生き物でそれ自体が増殖する機能

        持っていますが、ウィルスは生き物ではないのでその機能は無く、入り込んだ先の

        生き物の能力を借りて増殖するということです。なのでウィルスは菌より小さいです。

        実はどちらもイイ面もあれば悪い面もあり、ウィルスがいる事で他のウィルスに感染

        しなかったり、常在菌がいるから肌が守られていたりなどの効果というかメリットもあります。

        特に肌の常在菌に対しては洗いすぎたりする事でバランスが崩れてしまい逆に乾燥肌などの

        トラブルが発生している場合があります。

        悪い面だけを見て極端に恐れるのではなく、上手く対応する事が重要です。

         

        LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加

         

         


        年齢が出る手をいたわりましょう

        0

          こんにちは Youkiです

           

          秋が深まるにつれて気になってきたのがお肌の
          かさつきではないでしょうか 顔や身体は勿論ですが
          毎日朝起きた時から使う“手”はこれから冬にかけて
          冷たい水や風にさらされ更に洗い物等で洗剤にも触れる
          ので乾燥し肌荒れしやすくなります

           

           

          また年を重ねてくるといつのまにか手の甲にシミが出来て
          いたり指の関節のシワが目立ってきたな〜と感じている方も
          多いかと思います 手は人目に触れることも多く顔のように

          お化粧でカバーする事もできないので年齢が隠せないと

          いわれます

           

           

          乾燥が気になる季節となり肌荒れしやすい時期ですので顔だけ
          でなく手の保湿ケアも怠りなくしないといけないですね
          水仕事の後等はこまめにハンドクリームやオイルでの保湿を
          心がけて下さい
          またお風呂から上がった後のお肌のお手入れ時には顔と同じ

          ようにローションとクリームを使って手に潤いを与えてあげる

          といいのではないでしょうか

           

          更に寒い冬は血行も悪くなりがちですのでオイルやハンド

          クリームをつけてから手の平や指の関節・指先等をマッサージ

          したり手を動かしてストレッチをすると少し血流もよくなる
          ように思います

           

           

          これからやって来る冬に備えて今から手の平・手の甲・手首まで
          少し多めにオハンドクリームやオイルをぬって乾燥から手肌を
          守って下さい ハンドケアは保湿が大切です

           

           

          LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加


          洋菓子なの?和菓子なの?どちらもいいとこ取りなスィーツが美味!鎌倉紅谷 クルミッ子

          0

            神奈川県鎌倉といえば、大仏様を始め神社仏閣が有名で観光地だけでなく海やオシャレな

            町並みでも人気のスポットです。食べ物でもいろいろ有名ですが鎌倉探索に行った方から

            お土産でいただいた 鎌倉紅谷のクルミッ子 をご紹介。

            こちらはタイトル通りに鎌倉で創業した当時和菓子の職人だった父親と洋菓子職人だった

            子供との親子で考えられたお菓子を販売しており、その中でもこの クルミッ子

            30年前に西洋のお菓子を参考に作られて、クルミキャラメルにこだわったステキなお菓子。

            やはり美味しいものは万人に受け入れられるようで今では休日など列ばないと購入できない

            鎌倉でも人気のお土産にもなっています。

            名前の通りにクルミがメインとなっていますが、上質なキャラメルとのバランスが最高で

            甘いだけでなくほんのりした苦みと焦がし風味がバタークッキーに挟まれて

            食べ応えがありながらサッパリとして食べられるところが美味しいポイント。

            甘みも抑えられていて、日本茶でもコーヒー、紅茶にも合いおやつタイムにバッチリ。

            パッケージにはリスのマークも入っていて鎌倉には自然のリスもいうことからキャラクターと

            なっているようです。

            こちらはオンラインでも購入できるようですが、やはり鎌倉に行ってのお土産としてが

            オススメです。

            LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加

             



            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << December 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            search this site.

            others


            Copuright© 2015 Carena cosmetic.Corp All rightreserved.