Carenacosmetic Corp.

staff blog

その湿疹の原因は○○○かもしれません!?

0

    春風が強くなり、気温も上がったり下がったりが繰り返されるといよいよ

    春も本番ですね。この時期は夏から秋にかけてと同様に季節の変わり目

    でも特に肌トラブルが増える季節になります。

    春先になってまだ乾燥はしていますが、気温が上がっていますので

    ついつい薄着にもなりやすく服による保湿効果が薄まる事も影響していると

    思われます。

    症状としては冬の時期と同様にかさつき、湿疹、痒みなども出ています。

    お客様からの美容相談においても

    毎年この時期になると湿疹と痒みがでてくるの。。。

    というような内容がありますが、そういった方はアレルギーの反応も調べて

    いただいた方がいいと思います。

    その原因として高いのは。。。

    花粉症

    最近の研究では花粉症の症状としてくしゃみ、鼻水、涙に加えて皮膚の痒み

    が多くなっているようです。

    粘膜に付着して体内に入り込んでしまった花粉だけでなく、外出時などにおいて

    皮膚にも付着してしまう事でアレルギー反応が出てしまい、更にその炎症部分に

    重ねて付着することで湿疹のような広がりをみせてしまう場合があります。

    対策は

    なるべく皮膚を露出させない

    首周りデコルテ付近まで保湿クリーム等を塗ることで見えてしまう部分をカバー

    帰宅後はなるべく早めに露出部の皮膚をぬるま湯で洗顔&シャワー

    シャワー等にて花粉を流し落とす場合は、最初にぬるま湯のみで全体的に落とす事が

    大切です。はじめからボディーソープ等を炎症部分につけてしまうとかえって悪化する

    場合もあるのでシャワーも弱めに当てて低刺激に洗い落とす事を心がけて見てください。

    花粉による炎症か他の影響かわからない場合は早めに皮膚科への相談も必要ですので

    炎症が継続する場合はご注意ください。


     

    LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加


    春の香りに誘われます

    0

      こんにちは Youkiです

       

      春になると風に乗ってどこからとなくお花のいい香りが
      してきます 今の時期外に出ると甘い梅の花の香りや
      沈丁花の独特の強い香りが漂っています

       

       

      私的には沈丁花は春を告げる香りかなと思っています
      みなさんはどんな花の香りで春を感じますか

       

       

      梅の花 水仙 桜それとも菜の花でしょうか
      また6月頃のくちなしの香りもいいですし夏はユリの
      カサブランカも強い香りです そして秋はキンモクセイの
      香りやストックも甘くいいにおいです
      風を感じながら花の香りで季節がわかる日本の四季って
      本当にいいですよね
      花粉症の方には辛い時期ではありますが!!

       

       

      ただ春は三寒四温で寒暖差が大きいので体調管理に気を
      付けないといけない時期でもあります そしてお肌の調子も
      不安定になりがちです 当社のお客様の中にも春の時期は
      肌の調子が痒みが出たり乾燥してしまうとおっしゃる方が
      いらっしゃいます 春は日によって気温差が激しかったり
      紫外線量の増してもきますし花粉も飛散していますので
      お肌にとっても外的刺激が大きくなります
      外出からの帰宅後は早めに洗顔してお肌に付着している汚れ
      (花粉等)を優しく洗い流すといいのではないかと思います

       

       

      LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加


      女性だけでなく男性もスキンケアは○○が大切

      0

        女性にとっては当然のスキンケアですが、最近では男性も10代から30代を中心に

        多くの方が何らかのスキンケアとして肌の対策をしているようです。

        女性からしても男性のスキンケアに対して良いイメージが強い傾向があり

        男性の肌にも注目しているようです。

        ただ、40代以上の男性になると一気に減少傾向になるようですが男性に

        とっても中高年という世代では特に肌への対策をしている人とそうでない人では

        肌質による印象も大きく違ってしまいますので、

        今更化粧品なんて使えない

        ではなく、簡単なケアから進めてみる事で大きく変化を感じられてオススメです。

        恥ずかしいという感覚のある中高年の方には簡単3ステップスキンケアで肌改善してみてください。

        1: しっかり、シットリな洗顔で余分なヨゴレを落とす。

        2: 脂性肌・混合肌でも保湿を考えた化粧水

        3: サッパリとしたテクスチャーの保湿クリーム

        この3つを基本として行っていただくだけでも充分に毛穴の引き締めや、肌の潤い感

        に変化が見られますので、自分でも体感できるはずです。

        男性でも保湿が重要な場合が多いので、一般的な男性コスメだけに限定することなく

        女性用でもテクスチャーでサッパリタイプで選んで、保湿性の高い商品を使ってみる事と

        肌の変化に驚かれるかもしれません。

        特に奥様や娘さんからのアドバイスをもらって挑戦してみてください。

        1ヶ月後には驚きの肌改善が見られますよ!

         

        LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加

         


        春風さんは髪の毛にもダメージ!?毛根にゼッタイ的優しいシャンプー

        0

          3月は寒さと気温の上昇が入り交じっている季節。春一番というように風も強く

          乾燥した地表からのホコリなども舞っていて髪の毛にはヨゴレが絡みついて

          花粉も気になります。

          そんな時はしっかり、サッパリと髪の毛を洗っておきたいところですが

          シャンプーは髪の毛のヨゴレを落とすだけでなく、シッカリとした艶とコシのある

          ものとする為に毛根への刺激を少なくすることも重要です。

          刺激は直接的なダメージと地肌への成分的なダメージの両方があります。

          直接的なダメージには爪を立てないように、指の腹を使って優しく洗い上げる事で

          刺激を少なくすることができますが、地肌への皮膚トラブルなダメージを避ける為には

          シャンプーの成分にも注意して選んで見てください。

          じゃあなにがいいの?

          となりますが、成分表を見ると。。。 どれもその標記が沢山書いてあってイヤになりますね。。。

          それを全て説明となると事細かに長くなってしまいますのでポイントを絞りますと!

          ラウレス○○硫酸

          ラウリル○○硫酸

          という成分は敏感肌や乾燥肌などの症状がでている方には特に注意してもらいたい成分です。

          ですが!!似たような名前でジーブルームにも配合されている

          ラウリン酸

          となると別になり、かなり間違えやすいのですがこれは成分的には違ったものになります。

          微妙です。。。

          しかも小さい文字ですので余計に分かりづらいと思いますが1番のポイントです。

          シャンプーは頭を洗うのでその際にどうしても顔や首の辺りにその成分もかかりやすく

          その刺激により顔にも症状が出たり、耳の裏から首にかけて、もみあげの辺りから

          顎にかけてと炎症が出てしまう方もいらっしゃるので、そういった場合は今一度成分を

          確かめてからシャンプー選びをしてみてください。

          ジーブルームシャンプー香料鉱物油はもちろん、気泡剤も配合されていません。

          チューブタイプでクリーム状なのも使いにくいかもしれませんが、余計な成分を除くとクリームになります。

          使い方は髪の毛の長さにもよりますが分量を出していただきお湯で伸ばしてから髪の毛全体につけて

          地肌を優しく揉み込み洗いして髪の毛にも伸ばしヨゴレを落とします。

          頭皮に優しいシャンプーで髪の毛をいたわってあげてください。

           

          LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加

           

           


          春になると“かかと”が・・・

          0

            こんにちは Youkiです

             

            ひな祭りも終わり寒さも大分やわらできました

            ポカポカトと暖かくなるとそろそろ春の装いになり厚手の

            タイツからストッキングにはきかえてみたら “かかと” が

            乾燥してしまっていてガサガサになんてことは・・・・・

            大丈夫でしょうか?

             

             

            冬の乾燥時期ちょっとお手入れを怠っているとすぐに角質が
            厚く硬くなりガサガサになってしまう“かかと”
            若いときは何もしなくても大丈夫だったのに年を重ねてくると
            水分が少なくなってくるせいか知らないうちにかかとが乾燥して
            悪化してしまうとヒビ割れて大変な事になっていることも
            冬の間は靴下で隠れていましたがこれからはガサガサのかかとが
            見えるとちょっと恥ずかしい!!
            出来ればすべすべのきれいなかかとでいたいですよね

             

             

            足の裏に汗腺はありますが皮脂腺がないので肌内部の水分が
            蒸発しやすく乾燥しやすいそうです 特に冬はこたつ等の暖房に
            よって皮膚の乾燥を進ませてしいます
            また年を重ねると皮膚の保水力低化もり乾燥の原因になるようです
            さらに身体の全体重を支えている足の裏には常に相当の衝撃と摩擦と
            圧力がかかり外部刺激を受けています ダメージを受けると肌が身体を
            守ろうと防御機能が働き角質が硬くなるみたいです

             

            私はお風呂で毎晩入浴中に軽石でかるく擦り余分な角質を落として
            いましたがこのお手入れはNGだった様です 毎日擦ったり入浴中に
            足がぬれた状態で落とすと削りすぎてしまうことがあり肌を傷つけたり
            防衛本能が働いて意に反して角質化が進んで硬く厚くなってしまう
            こともあるみたいで

             

            もしかかとが硬く厚くなってしまっていたら週に1〜2回位かかとが
            柔らかくなっている入浴後等に足用ヤスリなどで優しく削るといいかと
            思います くれぐれも削りすぎには注意して下さいね
            その後にオイルやクリームをしっかり塗って保湿する事が大切です

             

            春は素足をみせる機会も多くなるので顔だけでなく足の裏(かかと)の
            保湿のお手入れも怠りなく

             

            最後に自分の足に合わない靴を履いていると摩擦や圧力で角質が硬く
            なったり指の変形てしまう事もありますのでお気を付け下さい

             

             

            LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加



            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            search this site.

            others


            Copuright© 2015 Carena cosmetic.Corp All rightreserved.