Carenacosmetic Corp.

staff blog

素肌とメイクのノリが変わる!敏感な肌の人へ洗顔のポイントはコレ

0

    季節の変わり目は身体だけでなく肌にも影響が大きくでますね。

    夏から秋にかけてのこの季節は紫外線によるダメージで疲れが溜まった肌には

    余分な栄養よりも肌をリセットしながらいたわってあげるケアも大切。

    顔は身体の皮膚の中でも薄く、特に目元の皮膚はとっても繊細です。

    洗顔のやり方も慎重にしなければなりません。

    では順に洗顔のポイントをおさらい!

    ◎ 泡と洗浄力は直接的に関係はありません。

    泡は洗顔時にあくまでも皮膚への摩擦を軽減させる為ですので、優しく指の腹で滑らかに

    洗顔クリームを伸ばしてあげれば泡立たなくても問題ありません。肌が刺激に弱い人は泡の成分

    も余分なものになる場合があるので、気泡剤の配合されていないものがオススメ。

    洗浄力も強すぎるものは肌の常在菌や皮脂を取り過ぎて良くありません。自分の肌が

    健康的に肌本来の仕事ができる環境を作ってあげるのがスキンケアの基本。

    ◎ 使う水は冷たすぎても、暑すぎても、シャワーもダメ

    敏感な肌の方は肌トラブルにより皮膚も薄くなっていたり、機能が上手く働いて

    いなかったりと刺激に弱くなっています。洗う時の温度は人肌よりもちょっと低め

    35℃±1 位でちょっとぬるいかな?で充分です。洗い流す時もシャワーを直接

    当てるのでは無く、顔を洗面桶につけて優しくヨゴレを散らすような落とし方で

    肌への刺激は極力少なくさせてあげてください。

    ◎ 仕上げの拭き取りもとにかく優しく

    洗顔の後の拭き取りももちろん清潔なタオルを使用してください。お風呂上がりなら

    洗濯したてのふかふかタオルで顔からスタート。こすらないように顔を軽く押し当てる

    ようにしてクッションを利用して水分を吸い込ませてください。

    なるべく早めの水分補給として化粧水はもちろんですが、この時期のお風呂上がり

    などではそのまま保湿クリームを塗ってもOK。肌の保湿をポイントにケアしてください。

    顔の皮膚はとにかく優しく扱うことで、素肌の色合いもかわりますし肌の状態が

    良くなればメイクのノリも変化を感じます。洗顔には時間を少しかけてみてください。

     

    LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    search this site.

    others


    Copuright© 2015 Carena cosmetic.Corp All rightreserved.