Carenacosmetic Corp.

staff blog

化粧品を開封してどのくらいで使い切っていますか?

0

    スキンケアやメイクしている場所は皆さんいつも同じ場所でしょうか。

    メイクは比較的に場所も決まっていたり、外出用ももちろん別にあったりで

    場所を選ばずでしょうが、スキンケアはほぼ自宅でしている場合がメインで

    本体は持ち運びに適さない大きさであったり形であったりしています。

    その場合に特にナチュラル系の表示指定成分無添加などのスキンケアは

    開封後の使用期間にも注意して使う事が大切です。

    朝と夜で使う場所が違ってしまったり、特に冬場ですがお風呂の後

    すぐに保湿を必要とする場合などには脱衣所にも置いておきたいし

    でも、何本も使う場所に本体を置いておくのもモッタイナイしという場合には

    小分け がオススメです。 ってそんなのやってるわー!

    という方もいるかも知れませんが、その場合の小分けのボトルにこだわって

    見るのもポイントです。100鈞などでいろいろなタイプの入れ替え用の

    ボトルがありますが、泡タイプスプレータイプ液体タイプなどありますので

    例えばお風呂上がりにローションを身体にも保湿強化として使いたいという

    場合の小分けボトルは、スプレータイプだと全身にこまめに行き渡って便利。

    スプレーを広範囲にしてしまいますが、脱衣所ならあまり気にならないと思います。

    また、お部屋ではこぼしたくない!という場合には泡タイプにすると一瞬ですが

    液体が泡になって手からこぼれにくくなり、顔にも行き渡り易くこれも便利。

    更にポイントなのが、通常の本体1本が開封後の使用期限2ヶ月とした場合に

    小分けして冷蔵庫などにボトルをジプロックなどでフォローしておけばその

    鮮度も長く使用できます。

    これからの暑い季節は特に鮮度を気にしたスキンケアで、1番いい状態の

    化粧品でスキンケアを行ってみてください。

     

    LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加


    スキンケアは生もの!ちゃんと使い切ってる?

    0


      梅雨ですが今年はカラ梅雨?になるという予報もあって雨上がりに天気が

      良くなると湿度も高くなりジメジメ感が強くなるかもしれません。

      食品も同様ですがこれからは化粧品も水分が多い種類を中心に保管にも

      注意が必要です。

      特に化粧水などは湿度直射日光には気をつけてください。

      一般的にナチュラル系のスキンケアは防腐剤や抗菌剤として効果よりも

      肌への影響を考えた処方・配合としていますので、保管状態を良くしておくことが大切です。

      直射日光は温度だけでなく紫外線の影響で品質を極端に悪くするので

      化粧品の容器は濃い色で遮光させているものが多いのはその為です。

      長期保管なら冷蔵庫もありですが、通常使用では結露をさけて冷暗所にしましょう。

      新しいスキンケアを試した時にテクスチャーなどが合わずに他の商品を

      使用して乗り換えてしまったり、推奨されている量を使用しないで開封後の

      期間が長くなってしまったものはキケンです。

      品質の低下が考えられますが、そのチェックは?

      ○ 使用し始めた時期と臭いが変化している

      ○ 化粧水・クリームの色が変化している

      ○ ジェルやクリームの場合に明らかに水分量が減っている

      上記の確認ができたら使用は中止してくだい。基本的には購入時に

      それぞれの化粧品の一般的な使用期間を問い合わせ、容器かパッケージに

      その使用期限を記載しておくといつまでに使い切れば分かるのでオススメです。

      通常化粧品は賞味期限のような表示はないのですが、それは保管環境で極端に

      変化してしまうものが多いので、あくまでも使用期間も目安として開封後は

      気温の変化の無い冷暗所で早め使い切って、スキンケアの効果を1番いい状態で

      肌に与えるのがいいでしょう。

       

      LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加

       


      梅雨の季節に肌が荒れる。。。それは○○が原因かも!?

      0

        いよいよ関東も梅雨時期に入って、ちょっと肌寒い気温でもありますが

        これからはジメジメな湿度の高い嫌な季節。

        菌やカビなどは水分と温度が常に関係していて、湿度によって倍・倍で増殖する

        為にあっという間にスゴイ量になってしまいます。

        この時期は肌にもこれらの菌やカビの影響を受ける場合もあり 肌カビ という

        なんだか怖いキーワードが出たりしますが、これは マラセチア菌 という皮膚に

        常在する菌で通常は肌のPH値を弱酸性の状態に維持して守ってくれている

        モノなのですが、皮脂が多く出てしまう季節にはバランスが崩れてしまう場合があり

        赤みやフケのような状態、肌の黒ずみ、ニキビのようになってしまう事があります。

        根本的な原因はハッキリしていないようですが、6月〜8月にだけいつも

        皮膚の炎症が頭皮や首周り、背中など一部にだけ発症してしまうという場合には

        肌カビが原因かもしれません。

        対応として注意しないといけないのは。。。

        ○ 何度も身体を洗いすぎたり、強い刺激を与えないようにする

        ○ 汗疹対策のパウダーなどは避ける

        ○ 自分で症状を判断して湿疹用の薬などを塗らない

        清潔に保つ事は必要ですが過剰に皮脂を落としすぎてもいけませんし、

        毛穴を詰まらせないようにもしないといけません。

        また、薬もむやみにつけると余計に悪化する場合もあります。

        ナチュラル系のスキンケアも注意が必要で、開封後に長期に保管していたものを

        モッタイナイからと古い化粧水などを使用すると肌に思わぬトラブルが発生してしまいます。

        このマラセチア菌の症状がでてしまった場合は、軽い場合は肌の状態をキレイにする

        だけで回復するようですが、痒みや強い炎症などがある場合はすぐに医療機関に

        診察してもらってください。

         

        LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加


        日焼け止め、何で選んでますか?

        0

          JUGEMテーマ:日焼け対策

           

          こんにちは!スタッフAmiです♪
          一気に気温が上がってきましたね〜、上がりすぎで夏と勘違いしそう(*ノω<*)
          以前のブログでもお話しましたが、この時期はお肌も身体も暑さに慣れていない
          時期なので注意して、徐々に暑さに慣れるように暑さのピークにならないぐらい
          の温度の時にウォーキングや散歩などで慣らしてあげてください。
          もちろん!日差しが強くなる前とはいえ外出時には日焼け止め対策が必須。
          だからと言って、前シーズンの使用した残りの物は使わないでくださいね。
          もうご用意してる方が多いと思いますが、是非次回の参考になれば嬉しいです♪

          皆さまは日焼け止め、どのようなものをご使用になってますか?
          クリーム状やミルク状、スプレータイプ...
          下地クリームに配合されてるものやファンデーションなどでしょうか?

          では、その日焼け止めはどのように選んでますか?
          自分の肌にあうか?効果はあるか?匂いやテクスチャーは良いか?

          などが多いと思います。
          毎日使用するものですから使用しやすく肌に影響が少ないもので
          効果があるものが理想です(゚∀゚*)σ
          そこにプラスして以前にお伝えしました【 肌 別 S P F 数 値 】
          おさらいして自分にあったUV対策の参考にして下さい☆

          その中で判断する1つが《SPF・PA》ですよね、
          以前の紫外線って3種類?SPF・PAって結局なに?でもお伝えしましたが、
          数値が高ければ良いというものではありません。

           

           

          そこで今日は今のお肌で選ぶ《SPF・PA》をご紹介♪

           

                ≪肌タイプ≫         ≪日常生活(ゴミ出し・洗濯など)〜1時間≫
          ●赤くなりやすく、黒くなりにくい →  SPF10〜15・PA+〜++

          ●ほどほどに赤くも黒くもなる   →  SPF〜10・PA+

          ●赤くなりにくく、黒くなりやすい →  SPF5・PA+

           

                ≪肌タイプ≫         ≪日常生活(買い物・散歩など)〜3時間≫
          ●赤くなりやすく、黒くなりにくい →  SPF30・PA+++

          ●ほどほどに赤くも黒くもなる   →  SPF20・PA++

          ●赤くなりにくく、黒くなりやすい →  SPF10・PA+

           

                ≪肌タイプ≫         ≪海水浴・スポーツなど...3時間以上≫
          ●赤くなりやすく、黒くなりにくい →  SPF50・PA+++

          ●ほどほどに赤くも黒くもなる   →  SPF30・PA+++

          ●赤くなりにくく、黒くなりやすい →  SPF20・PA++

           


          如何ですか?
          肌タイプによって同じ状況でもこんなに違うんですね!
          やはり高い数値のものは防御する時間が増える反面、肌への負担も發なります。
          しかも、時間が経つにつれ効果は薄くなりますから塗り直しも必須です。
          それを踏まえて、野外や海水浴などは数値が高いもの、日常生活には低い物という様に
          用途に応じて使用する事が必要になってくるわけですね。
          日焼けから守っても肌自体の組織を痛めては本末転倒ですからね♪

          ここでチョット宣伝をしちゃいますと((pq´v`*)゚
          当社GBサンスクリーンは、SPF30/PA+++程となっておりますので、日常使用に最適です♪
          容器もエアレスで使用しやすく、色が肌色の為にファンデーションの上からも塗り直しOK。
          美容成分も配合されてるので潤い肌をキープしながら優しく作用します。
          年を増す毎に頬骨のシミが氣になってくる方が急増します、日差しを1番受ける頬骨だけでも
          こまめに塗り直しして紫外線から守ってあげて下さい(゚∀゚*)σ.

           

           

           

          友だち追加

           

           

           


          薄着の季節は重点ケア!顔以外の○○で年齢が判断されてしまう!?

          0

            春から一気に夏がきたような気温ですが、紫外線対策と同様にこれからの

            薄着の季節は特に露出している部分のケアが重要です。

            5月のこの時期は紫外線の影響で いつの間にか日焼け してしまう事が多いのですが

            見逃しがちなのが。。。

            首筋から肩のラインと手や足の甲

            顔はメークでカバー出来るのでシミ・シワなども多少は隠す事もできますが

            首筋からデコルテ、肩付近などのシワまでをカバーし忘れる方も多く

            更に太陽に対しても垂直に面している部分で紫外線の影響も強く受けています。

            手や足の甲も同様で サンダル焼け や皮膚のシワが出やすく、見た目の年齢を

            老けて見られる傾向があります。

            やっぱりボディケアはメークアップだけでは無くスキンケアでもカバー

            紫外線対策はもちろん必要ですが、やはり寝ているうちのボディケアで

            デコルテや首、足の甲なども全身への保水&保湿で紫外線からのダメージを

            ケアしてあげることで見た目年齢も若くすることができます。

            意外と見られている首すじや手もしっかりケアして夏のダメージからリカバリー

            して上げてください。

             

            LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加

             

             



            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            search this site.

            others


            Copuright© 2015 Carena cosmetic.Corp All rightreserved.