Carenacosmetic Corp.

staff blog

潤い肌、保たれてますか?

0

    JUGEMテーマ:キレイになる為に!!

     

    こんにちは!スタッフAmiです♪

    今年の冬は温かい日と寒い日の寒暖の差が激しく身体にはとても負担がかかります、
    更にお部屋は暖房がきいていますがバスルームやトイレは結構寒かったりしますので
    年配の方がいらっしゃるご家庭はヒートショックにも気をつけて下さい!

    また季節がら暖房によってお部屋がかなり乾燥しています。
    乾燥はお肌にとって大敵です(+_+)

    お肌が乾燥すると小ジワや、肌の保護バリアーのバランスが崩れるので痒み等の

    トラブルの原因にもなるので気をつけたいですよね。
    肌は本来必要な潤い分を分泌しています しかしストレス等色々な内的な原因であったり
    外的な空気の乾燥等やお手入れ方法により乾燥します また体質的に乾燥肌の方もいらっしゃいます

    もちろん保湿は必要です・・・でも大切なのは潤い肌を保つことです!!
    すなわち肌本来の生理機能によって必要な潤い分を分泌できる健康な肌を保つということです。

    まず大事なのは洗顔!!

    洗いすぎない・擦りすぎないことです。
    洗顔料によっては洗浄力が良すぎてお肌に必要な皮脂分まで落としてしまう物も
    ありますので 洗顔後ツッパリを感じられる方も多くいらっしゃいますよね。
    そのような方達にお薦めなのが当社のGBクレンジングGB洗顔フォームです♪

     


    お肌に必要な皮脂分を残した洗い上がりですので洗顔後もツッパリ知らずで

    しっとりツルンと洗い上がります( *´艸`)
    泡立ち成分である気泡剤という化学物質も含んでいないので泡立ちはごく自然ですが

    汚れを落とす洗浄力は優れています! 

    お肌に悪影響のある物を取り除いた結果、気泡剤や香料は含まれてないのです。
    どなたでも安心してお使い頂ける洗顔フォームですので、是非一度お試し頂きたいです☆彡

    また併せて肌本来の回復力を補助するGBローションGBモイスチャークリーム

    ご使用いただくことにより、潤い肌が効果的に保たれるので是非シリーズ使いして下さい。

     

    と、一般的に顔や手はしっかりお手入れし保湿している方が多いと思います。
    しかし、脚や腹辺り、ひじなど秋冬はあまり見えないところのお手入れを怠りがちになって

    ガサガサ肌にしてしまい痒みを感じてしまうという人も結構いらっしゃいます。

    掻いていると湿疹もできてしまうので、家事や仕事で疲れていても湯上がり保湿のお手入れ

    しっかり頑張りましょう!!

     

    最近は身体を洗うのに固形石けんをお使いの方は少数で殆どの人がボディソープの方が多いと

    思いますがボディソープって男性用・女性用って分けて有る物って少ないですよね。
    一般的に女性は男性より皮脂の分泌量が少ないので洗浄力が強い物ですと洗いすぎて

    乾燥してしまう事があります。 

    洗う時もアカ擦りのような堅めのもので洗うと肌に負担になったりしますので
    最近では手のひら洗いの方も増えてるぐらい。

    更にこの季節アトピー性皮膚炎の悪化でお悩みの方も多いのではないでしょうか?


    そんな方には低刺激で全身洗えるGBシャンプーと皮膚細胞を活性化する働きのある
    GBナチュラルオイルでお手入れしてはいかがでしょうか(*´▽`*)
    ナチュラルオイルはスクワラン配合の皮膚細胞を活性化する働きを持つオイル、

    シャンプー同様にアトピーなどの赤ちゃんからお使い頂けます!


    お部屋自体の乾燥を防ぐのに加湿器の他に蜂植えの植物をお部屋に置いてもGooD♪ 
    アレカヤシのように空気の水分の蒸散する作用が高い物もありますし、
    サンセベリアポトス等植物によっては空気浄化作用のある物もあります( *´艸`)
    何より緑の植物のリラックス効果もありますのでお薦めです☆彡

    もうしばらくお付き合いする乾燥の時期、少しでも保てるお手伝いができると良いですね。

     

     

     

     

     

    お友だち登録はこちらから⇒ 友だち追加

     


    メイクのノリが違う!?夜にたっぷり美容液で肌のキメが変わる!!

    0

      毎日メイクしていると前日の生活リズムが違っただけでも朝になって肌の

      状態が変わっているのが分かりますよね。

      寝不足や疲労などからくる問題はメイクの時間や量にも影響します。

      特に忙しい朝にメイクがバッチリ決まらないとやり直している時間もないので

      その日の1日がブルーなんてことも。

      そうしてメイクを一発で決めるにはやはりキャンパスとなる肌が大切

      ザラザラでひっかかかりのあるような和紙ではなくツルツルのゆでタマゴ

      ような肌の方がメイクも映えます。

      特に目元がポイントで、細かいライナー使いが必要な部分やシワが出やすい目尻に

      荒さが目立ってしまう。。。

      もちろんテクニックでカバーもできる部分がありますがもっと

      カンタンなのはスキンケアにちょっと時間とアイテムを充実させること。

      朝よりも晩のナイトケアで一手間かけると朝の肌が変わります。

      スキンケアの基本は 洗う→補充する→潤う という3ステップが大切ですが

      冬の乾燥特には保湿である 潤う に重点を置いてみてください。

      化粧水の後に保湿クリームをタップリ塗るのはもちろん。その前に美容液で

      栄養成分をまるまるキープさせて見てください。

      クルクルコスメシリーズの美容液はウィンターシーズンにバッチリなシットリタイプの

      スペシャル美容液。

      水溶性コラーゲンと高純度ヒアルロン酸、酵母エキスや抗酸化成分により

      肌のモチモチ感が実感できます。寝る前の保湿アイテムの1つとして加えて

      いただくと翌朝のメイクで肌の感覚が違うことに実感できちゃいます。

      ぜひこの季節にこそお試し下さい!

      クルクル化粧品

       

      LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加

      JUGEMテーマ:化粧品


      あなたはシットリぷるりん派?それともサラサラもっちり派どちらがお好き?

      0

        今日はバレンタインデーですねー。チョコは食べましたか?友チョコなどが

        一般的になっていますが、やはり女性から男性への告白も兼ねたイベント

        でも健在ですので、そんな大切な日にはやはりキレイでいたいものです。

        キレイに見せる為のメイクアップには素肌が大切。

        素肌は毎日のお手入れが重要な訳で、やっぱりなんと言っても保湿。

        乾燥は敵!保湿は見方!保湿!保湿!今だからこそ保湿!

        気温の上昇でいつもの冬とは違う感じではありますが、乾燥には変わりません。

        やっぱり化粧水でしっかりお肌に潤いを与えてからのクリームでガードしちゃいましょう。

        ではあなたは化粧水のタイプはどれがお好み?

        化粧水は肌に栄養素を水分で覆い隠すメイクで言うところの下地です。

        ファンデーションと同様に素肌に必要な栄養素でしっかり保水する事で

        キレイになる為のベースを作ります。

        そのテクスチャーとしてはシットリタイプで肌に付けた時にペタペタするタイプと

        サラサラして浸透力の強いタイプがありますがこれはお好みだと思います。

        シットリタイプの場合には 肌に保水した! という体感はありますがその後の

        クリームや美容液などでベタベタと感じてしまう場合も感じる場合があります。

        逆にサラサラタイプの場合は浸透感は強く感じますが物足りない。。。という方も。

        但し、サラサラタイプが一概に保水効果が低いかというとそうではありません。

        実はしっとり感と保湿成分とは関連性は少ない場合が多いです。

        テクスチャーによる体感は個人による感覚や思い込みなので実際には

        化粧水に保湿成分がどの程度入っているかという事がポイント。

        なので、保湿成分を確認したらあとは好きなテクスチャーで化粧水は選んでOK。

        画像ではわかり難いのですが、クルクルコスメの化粧水はシットリタイプになります。

        手につけただけでトロトロ感が感じられます。

        逆にジーブルームのローションはサラサラタイプ。ナノクラスター処理された水により

        動きの感じる化粧水です。もちろん付けた感触も軽い感じですが保湿成分は

        増量されている為に化粧水だけを付けてから数時間後の肌のモチモチ感は強く出ます。

        スキンケアからメイクまでのシークエンスで時間が無いときはサラサラタイプ。

        夜のスキンケアなどしっかり肌のペタペタ感を感じたい場合はシットリタイプなど

        生活や使用するシーンにあったスキンケアで化粧水は選択してみてください。

         

        LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加

        JUGEMテーマ:キレイになる為に!!


        お風呂で若返り!?○○○で簡単小顔効果も期待できちゃう!

        0

          これからお風呂が気持ちの良い時期になりますね。海外から見ると日本人が

          年齢と比較しても若く見られやすいというのはお風呂に入るという入浴習慣も

          関係あるかもしれません!!!

          肌がプルプルの状態を保つにはコラーゲンにより水分が充分に保持できて

          皮膚の代謝もいい状態ですが、冬の乾燥時期や気温の低下によって

          顔の毛細血管などの萎縮から働きが弱くなる傾向があります。

          それにより、目の下のクマが出やすくなったり皮膚のカサカサが目立って

          しまったりと冬のお手入れは特に保湿にポイントが置かれます。

          もちろんスキンケアによるお手入れも大切なのですが、肌自体が健康

          になっていないと栄養満点の化粧品を使っても肌が受け入れ拒否に

          なってしまって効果が半減も!

          という事で先ずはお肌の調子を良くする準備運動的な事が必要でそれには

          お風呂が最適なんです。肌本来の若返りを促すヒートショックプロテインという

          作用がありますが、その機能を刺激する事で細胞修復・血行良好などの効果が!

          やり方は簡単でタオルで顔を蒸す!湯船に入っている時間にちょっとした

          リラックス&デトックス出来ちゃいます。

          お風呂の前に無地の長めのフェイスタオルを用意。※ レンジを使うので飾りがあるものはキケンです。

          タオルを水に含ませて、耐熱容器において600Wで 30秒から1分。

          ※ お風呂で使うので湯船に入るまでの時間までに覚めない温度。使う時の温度が 41℃〜45℃ になるように調節。

          やけどに注意してレンジからだしたタオルをお風呂に持ち込みます。

          湯船に入っている状態でタオル蒸しパックをやると効果的。鼻だけを出すようにおでこから顎にかけてタオルを巻いて折り返して全部埋まるように調節。

          一般的にヒートショックプロテインの効果が期待できるのが、42℃で10分、41℃で15分と温度が落ちるほど時間が必要になります。

          顔の皮膚はとても薄くできているので45℃で使用するときは5分位でOK。

          ヒートショックプロテインの効果で肌細胞が活性化されてむくみなども除去されます。

          お風呂上がりは水分の乾燥も進みやすいので念入りにオイルやクリーム、ジェルなど

          しっかり水分の蒸発をカバーしてあげてくださいね。

           

          LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加

           


          肌はあたなのバロメーター。疲れている時はゆっくりお休みしましょう。

          0

            昼間と夜の寒暖差が激しい季節になりました。体調もそうですが肌も直接に

            影響を強く受ける季節です。特に敏感肌や乾燥肌の方はこの時期に痒み

            感じたり、肌のツッパリが不快に感じたり辛くなりますね。

            肌にトラブルがあると顔だけではなく身体も同様な症状がでてしまい

            この季節自体が辛く、嫌な気分が続いてしまって秋・冬が嫌いという方も

            いらっしゃるかもしれません。

            特に食べ物などでもアレルギーがある方には肌に症状がすぐ出てしまうのですが

            根本的な改善が出来れば良いのですが難しい場合もあります。

            西洋医学でいう薬は症状を押さえつけることで、一見治まったようになりますが

            その薬を止めるとすぐにまた発症してしまう方も多いでしょう。

            出来るだけ自分の肌機能を改善させる事が必要ですがその場合に強い

            成分は必要ありません。疲れている時や病気の時に消化の良い食べ物を

            食べてゆっくりとした栄養を取り入れるのと同様に、肌も優しい成分で改善

            することで、肌が自ら回復する機能を高める事が大切です。

            但し、こうした肌の弱い方を対象とした化粧品は肌機能が活発な方や

            日焼けなどの影響にも強い肌の方には物足りないかもしれません。

            しかし、肌は年齢と共にその機能も衰えてきますので突然肌の機能に

            変化が起きる場合も多く、甘やかす事ではなく肌を労りながら育てるケアがポイント。

            スキンケアはもの足りない位の感じが副作用も無く肌には優しい証拠となりますので

            5年先の肌を考えたケアをしてみてください。

             

            LINEお友だち登録はこちら⇨ 友だち追加



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            search this site.

            others


            Copuright© 2015 Carena cosmetic.Corp All rightreserved.